損益分岐点 下げたい!

スポンサーリンク
損益分岐点 下げたい!計数
損益分岐点 下げたい!
かかせり
かかせり

損益分岐点を下げないと営業利益が出せないと思った事ありませんか?
簡単に損益分岐点が下がる要因を数点項目を上げて説明します。

損益分岐点とは何か?下げるとどのようなメリットがあるか全くわからない方は是非読んでみてください。

スポンサーリンク

損益分岐点 下げたい!

損益分岐点とは?

損益分岐点って何かわからない、計算方法がわからない方向けに説明します。損益分岐点を理解しなくては、どのくらい売上を上げれば黒字になるのか?売上を上げることは困難であれば今より少ない売上でも黒字化するためにはどのようなアクションを起こせばよいのか?これはすべての経営で必要になることだと思います。まずは簡単に理解することから始めましょう!

損益分岐点とは?

損益分岐点は基本簡単な計算式を活用されることがほとんどだと思います。計算式は以下になります。

計算式を覚えよう。

販管費÷荒利率=損益分岐点(ブレーク イーブン ポイント)

例)販管費300万円 荒利率20%のお店があった場合の損益分岐点(ブレーク イーブン ポイント)は?

300万÷0.2=1500万円となります。

従って上記の店舗を経営する場合は最低限1500万円の売上がないと赤字の店舗になってしまいます。

これが損益分岐点になります。

損益分岐点比率とは?

損益分岐点には損益分岐点比率といった考え方もあります。

損益分岐点比率=損益分岐点÷売上

例)損益分岐点1500万円の店舗の実際の売上が1800万円だった場合の損益分岐点比率は?

1500万÷1800万=83%程度となります。100%以下であることが絶対条件になりますね。基本的には80%以下が優良な店舗といえます。

損益分岐点比率は80%以下を目指しましょう!

損益分岐点を下げることはできるの?

損益分岐点は実際毎月のように変動します。

なぜかというと、店舗の数字はすべてが完全に同じ固定費しかないわけではないからです。

変動する可能性があるケース

  • エアコンを使いすぎた場合は電気代が上がるため販管費が上昇します。
  • チラシをたくさん行った事で荒利が下がれば荒利率が下がります。
  • 全く売れない商品を仕入れたことで値下げ処分をする必要がでた。
  • 店舗の備品が故障し修繕費用が必要になった。
  • 従業員の給料を上げる必要が出た場合は販管費が上昇します。
  • 急に家賃が上がった場合は販管費が上昇します。

損益分岐点が上がってしまうケースは例を出すとキリがないくらいありそうですね。

損益分岐点を下げることを考えることが重要

電気代を節約すれば販管費を下げることもできますし、効率よく店舗運営が可能になる仕組みを作ることができれば今までより少ないスタッフで運用することが可能になるかもしれません。その場合は人件費を下げることができるため販管費が下がります。

荒利が高い商品をたくさん販売することができれば荒利率が上昇します。これらを実行することができればもちろん損益分岐点を下げることができます。

家賃交渉に成功することができれば、今後値上がりしない限り不変的に販管費が下がることが約束されますので損益分岐点は下がりますね。

下げるケースも沢山考えることは可能

  • 電気代を今まで使用していたものより節約する。温度調整とかは良くされている手法ですね、ただ従業員やお客様が不快に感じる温度設定の節約はオススメできませんね。
  • 主力アイテムを変更する。高利幅商品を販売する。
  • 家賃交渉する、現状の家賃より削減することが可能であれば不動産費用は下がるので損益分岐点は不変的に下げることができます。
  • ローコストオペレーションを実現することで人件費を削減し運営可能とする。
  • 人件費の高い従業員の比率を減らしてパートタイマーを主軸とした運営をする。
  • 経費の無駄遣いがないかを見直して不要なものをやめる。

売上を上げることが難しいと考えたときどのような行動を起こして損益分岐点を下げるかは様々な方法があります。

損益分岐点の理解がないとアクションプランが思いつきにくいのでまずは簡単でもよいので理解しておく必要があります。実際に行動するのは皆さんです。

ぜひいろいろチャレンジしてより良い経営状況を目指しましょう!

計数
スポンサーリンク
かかせりNOTE(ノート)
タイトルとURLをコピーしました