OneNote会議の議事録担当の時に使える便利な録音機能を紹介。

スポンサーリンク
OneNote会議の議事録担当の時に使える便利な録音機能を紹介。OneNote
OneNote会議の議事録担当の時に使える便利な録音機能を紹介。
かかせり
かかせり

会議で議事録担当になった時に聞き逃したりするケースがありますね。
しかも、会議の始まる直前に議事録に任命されるなんてこともあるのではないでしょうか?

そんな時でも、OneNoteを使って聞き逃しなくしっかり議事録を作成できる方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

OneNoteで議事録を作成しながら聞き逃しを回避する方法。

OneNoteで議事録を作成しながら聞き逃しを回避する方法。

まずは、OneNoteを開いて議事録のセクションを追加してタイトルをつけて入力していく準備をしましょう。

以下の画面イメージで作成していくと思います。

OneNote議事録作成イメージ画像。

準備ができたら、会議に参加しながら議事録を作成していくことになると思います。

ここで注意しないといけないのが、議事録担当になった瞬間、会議に参加することより議事録を作成することに集中してしまい会議で意見するときはすべて議事録に記載する内容の確認のみになってしまいます

これでは、議事録に書くためだけに参加している人になってしまい、あなたの力を会議で発揮することができなくなってしまいますね。

ここで大きく役に立つのがオーディオ機能になります。

では、次からオーディオ機能の説明をしていきます。

OneNoteで会議の議事録を作成しながらオーディオ機能を活用しよう。

オーディオ機能はその名の通り録音ができる機能になります。

どのように使うか紹介していきます。

まずオーディオボタンをクリックすると以下のような画面が表示されると思います。

※OneNoteでオーディオ機能が使用できなくて使おうと思った時に焦るケースが良くあります。そんなことが起きないように予めしっかり使える準備をしておくことがとても大切です。

OneNoteオーディオ設定画像。

この表示がされた場合は指南内容に従って作業をする必要がありますので準備しておきましょう。

OneNoteマイクのオン設定画像。

恐らく、上記のようにOneNote for Windows 10のマイクがオフになっていると思われますのでオンにしましょう。

これでOneNoteでオーディオ機能が使用できる準備ができました。

録音しながらOneNoteで議事録を作成しよう。

では、次からオーディオ機能の説明をしていきます。

オーディオをクリックすると自動的に録音が開始されます。

OneNoteオーディオクリック画像。

録音が開始されたら、いつもどおりに議事録を作成していきましょう。

以下のようなイメージで表示されます。

開始と同時に議事録を作成していくことで上部に録音される、ファイルが作成されます。

※これで万が一聞き逃しても後々会議が終了したときもイヤホンをつけて聞きながら議事録チェックをすることが可能です。

OneNoteオーディオクリック後のイメージ画像。

会議が終了したら、停止と書かれたタブが表示されていますのでクリックするだけで録音を終了することができます。とっても簡単ですね。

※基本議事録が終了したらストレージの問題などもあると思いますので削除することをおすすめします。

OneNote録音停止イメージ画像。

では、最後に録音データを聞く方法を説明します。

録音されたデータファイルをクリックすると再生ボタンが表示されますのでクリックするだけで再生することが可能です。

以上でOneNoteでの議事録作成におすすめのオーディオ機能の説明は終わりです。

OneNoteオーディオ機能再生イメージ画像。

まとめ

議事録を記載しながら更に録音ができる方法を説明しました。

スマホで録音する方法もありますが、電池がなくなったり、ストレージに問題があったりします。

この方法であればPC一台で録音データを確認しながら議事録を作成していくことができます。

OneNoteはとっても便利なツールです。まだ使ったことのない方は無料で使えるので是非活用してみてください。

OneNote
スポンサーリンク
かかせりNOTE(ノート)
タイトルとURLをコピーしました