OneNoteの簡単手書き&マーキング機能とっても便利。

OneNoteの簡単手書き&マーキング機能とっても便利。OneNote
OneNoteの簡単手書き&マーキング機能とっても便利。
かかせり
かかせり

普段エクセルやワードを使っていると手書きのような記入やマーキングがセルごとになったりするので思うようにキレイに表示できなかったりします。

そんな悩みをOneNoteであれば解決できますので使い方をわかりやすく説明していきますので是非読んでみてください。

スポンサーリンク

OneNoteの手書きツールを使ってみよう。

OneNoteの手書きツールを使ってみよう。

まずはOneNoteを開きましょう。
セクションを追加してページにタイトルをつけたら左上のタブに描画と表示されていますのでクリックしてください。

OneNoteの手書きツールを使ってみよう。

描画をクリックすると以下の画面が表示されますのでまずは好きなツールを選んで行くのですが、ペンツールの追加方法や色の変更方法などを選択して使う前に説明していきたいと思います。

OneNoteペンツールの選択画像。

ペンツールの変更と追加方法の説明。

表示されているプラスマークをクリックすることでペンの追加が表示されます。
もし選択していく中で自分にあった内容に変更したかったら追加することも可能です。

ペンの追加方法の画像。

ペンツールの色の変更も簡単にできるので説明していきます。
ペンツールをクリックすると以下の画像のようにペンの太さや色を簡単に選択できます。
自分の好きな太さや色に変更したければこちらも簡単に操作することができます。

OneNoteペンツールの色や太さを変更する説明画像。

以上ここまでがペンツールの追加や色の変更等の説明となります。

では、ここからはペンツールで手書きの文字を入力していきましょう。
では、好きなペンツールを選択して書いていきます。

OneNoteでペンツールを使用した画像。

上記のように自由に空いたスペースに記載できます。
四角や丸を記入した際にはきれいな四角や丸に自動で修正してくれる機能もあります!

以下のようなイメージになります。

OneNote手書き丸の書き方画像。

緑の丸い円が手書きでさっと書いたのですがきれいな状態に修正されていますね。

OneNoteマーカーのペンツールを使ってみよう。

次は私は割と使用する、マーカーツールになります。
エクセルにはないツールでとっても便利ですので紹介していきます。

OneNoteマーカーの使い方画像。
マーカーの記入方法
  • 一番上の「フリーハンドで手書き」の部分に関しては図形は実際に使用せずにフリーハンドで記載しました。若干曲っています。
  • 真ん中の「図形を使ってマーカー」と書かれている部分は上記画像の赤枠部分の線を利用して引いているので曲がらず真っ直ぐな線がかけています。
  • 一番下の「図形を使ってマーカー※囲みたい場合」と記載している部分は上記画像の青枠部分の四角の図形を利用して作成したのできれいな四角で囲われています。

自分の好みにあった方法を探して見るのもいいですので是非試してみてください。

まとめ

エクセルやワードにはない機能でしかも無料のOneNote手書きのペンツールがとっても便利で議事録やミーティング用のメモなどに使用しているときに、大事なところが出てきならペンツールを使えばわかりやすく加工することができるのでとっても便利で使いやすいツールだと思います。

まだ使っていない方は是非使用して仕事の効率アップに繋げて貰えれば良いかと思います。

OneNote
スポンサーリンク
かかせりNOTE(ノート)
タイトルとURLをコピーしました