【簡単】グラフの下に数字データを表示する方法。

グラフの下に数字データを表示する方法。エクセル&スプレットシート
スポンサーリンク
かかせり
かかせり

グラフを作成している時に、横の数字意外にも細かい数字を表示させたいと思った事はありませんか?
簡単にグラフの下部に数字をわかりやすく表示する方法がありますので紹介します。

グラフの下に数字データを表示する方法。

グラフの下に数字データを表示する方法。

では、以下の図のグラフ画像のイメージになるための作成方法を説明していきます。

グラフ下段数字入力完成画像

まずは、グラフのデータを作成していきましょう。

ここでは、テストとして簡単なデータを基に説明していきますのでよろしくお願いします。

以下の表から作成していきます。

店舗売上前年(売)客数前年(客)
A2001402040
B3005404020
C5003204050
D4006702030
E9005404040
F8006705050

上記のような表があったとしてグラフを作成していきましょう。

棒グラフをエクセルで作成しよう。

表を全て選択した後に赤枠の部分のおすすめグラフをクリックします。

エクセル棒グラフの作成方法

次にグラフの種類を選びます。

以下の画像と同様の画面が表示されたらそのままOKをクリックしましょう。

グラフの種類の選択画像
スポンサーリンク

グラフ下に数字を表示するための設定をしよう。

以下のグラフが表示されていると思いますので、設定を変更していきましょう。

グラフ画像

下段に表示されている、売上 前年(売) 客数 前年(客)の部分は必要ないですので削除しましょう。

削除すると以下の画像のイメージになります。

棒グラフ下段削除画像

次にグラフをクリックすると以下の画像のように右上に➕マークが表示されますのでクリックしましょう。

グラフ要素選択画像

項目が沢山出てきたと思いますので、赤枠で囲ってあるデータテーブルにチェックを入れましょう。

グラフデータテーブル選択画像

赤枠部分にグラフの数字が表示されたのがわかりますね。

とっても簡単にグラフの下段に数字の表を表示する事ができました。

データテーブル完成画像

最後に

グラフデータラベル画像

上記のようなデータラベルにしていると今回はテストで少ない数字にしていますが、大きい数字ですと数字同士が重なって見づらかったしますのでうまく使い分ける事をおすすめします。

グラフはプレゼンする相手が、いかに見やすいかが重要です。

状況によって使い分ける事で印象がすごく変わりますのでこだわった方が、仕事ができると思われますので是非こだわって作成していくことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました