ポイントカードってどういう仕組みなの?

スポンサーリンク
ポイントカードってどういう仕組みなの?マーケティング
ポイントカードってどういう仕組みなの?

ポイントカードは普段身近にある販促の1つですが、実際企業側からの視点はわからないと思います。簡単にわかりやすく説明します。

※一概にすべてが説明している内容ではない可能性がありますのでご理解ください。今までの経験上の話をします。

スポンサーリンク

ポイントカードには簡単に2種類ある。

ポイントカードは共通ポイントカードとハウスカードの2種類が基本的にあります。

共通ポイントカードとは

ここが、今ほとんどの方が使っているだろうカードの大部分です。今後はほとんどがプラットフォーマーといわれる企業が発行しているポイントがメインになります。その他のカードはほとんど淘汰されていくと予想されます。

(dポイント・楽天ポイント・Tポイントなどが共通ポイントになりますね)

ハウスカードとは

これは、自社の独自なカードのことを言います。AスーパーマーケットやBドラッグストアのみで使えるポイントカードのことを言います。

顧客の囲い込みはできますが今後広がりがなくなり利便性がないことからなくなっていくと予測されます。又は共通ポイントも使えるなど共存型が生き残っていくと予測されます。

共通ポイントとハウスカードのメリットデメリット

共通ポイントカードは様々な場面で使えるため簡単に言うと日本どこでも使える”円”と一緒にたとえたとするとハウスカードはある一部の地域でしか使えない円ならぬお金の種類見たいなイメージを持つとわかりやすいかと思います。

その地域でしか買い物はしません!といった顧客にとってはハウスカードでも問題ありませんが、今の世の中インターネットから様々なチャネルで買い物ができるため、この地域だけで使えればOKといった人は少ないと思います。どうせならいろんなところで買い物できたほうがいいのは当然です。

利便性が圧倒的に高いのは共通ポイントカードです。

利便性が悪いのはハウスカードといってよいのではないでしょうか?

では共通ポイントはメリットしかなくハウスカードはデメリットしかないのでは?と思うかもしれませんがそうではありません。

ポイントカードの仕組みは基本的に自社で付けたポイントは自社が負担しポイントを利用した際には共通ポイントの発行先がその分の金額を補填してくれる仕組みになっています。

付与に対しての料率でポイントカード事業は成り立ちますね。
1ポイント付与したら例えば0.2%を手数料として払うみたいなイメージです。

共通ポイントカードはいろいろな場面で使えるため顧客にとっては便利でしかありませんが、小売の店舗からすると自分の店舗で付与したポイントを他の全く関係ない店舗で使われるケースがあります。その場合はポイント経費はかかったがポイントを利用してもらえなかったため再来店につながらず販促経費だけがかかったのでは?と葛藤することになります。

あとは自分たちでは販促をコントロールしにくい点もあります。ハウスカードは例えばこの時期はイベントを実施したいのでポイント10倍にしよう。極端なはなし明日ポイント10倍にしようなど臨機応変に対応できますし、自分の店舗で付与したポイントが全く関係ない店舗で使われるなんてことはありえません。ここはハウスカードのメリットといえます。

このあたりがざっと説明するメリットデメリットです。

それでも総合的に考えると共通ポイントカードのほうが企業にとっても顧客にとっても良いのではないかなと考えます。プラットフォーマーはメディアも強力ですし、企画も強力ですので、ただ自分の店舗でもコントロールしたい場合は両方やるがいいのかもしれません。

以上ポイントカードの簡単な説明です。

マーケティング
スポンサーリンク
かかせりNOTE(ノート)
タイトルとURLをコピーしました