エクセルで小売業の強化カテゴリーをプロット(散布図)分析する方法

エクセルで小売業の強化カテゴリーをプロット(散布図)分析する方法.jエクセル&スプレットシート
スポンサーリンク
かかせり
かかせり

小売業で勤務しているとカテゴリーを強化してなら屋を目指して差別化をするか同質化でとにかく強者の戦い方のように価格やサービスを真似して戦う方法があると思います。
強者じゃなければ負けない強みを作って戦う必要がありますね。

ここでは、強化カテゴリーを発見するために、エクセルでの散布図の作り方やリピート率と客数増減率を軸にして作成していきます。

エクセルで小売業の強化カテゴリーをプロット(散布図)分析する方法

散布図のグラフの作成方法を説明します。

以下のような表をまずは分析抽出し作成しましょう。

カテゴリーリピート率客数増減率
飲料87.1%96.4%
菓子84.5%97.3%
チルド87.8%98.3%
インスタント77.3%95.7%
台所品68.3%102.2%
調味料74.7%95.1%
67.3%103.5%
パスタ73.6%96.9%
医療品61.6%130.1%
ハンドソープ59.8%102.2%
住居用洗剤60.1%97.0%
洗濯洗剤64.8%92.8%

表を作成出来ましたら次にグラフを作成していきます。

散布図のグラフの作成方法を説明します。

エクセル散布図グラフ作成方法

表を選択して挿入からおすすめグラフを選択しましょう。

エクセルグラフで散布図設定の方法

上記画面が表示されますので散布図を選択してOKをクリックします。

クリックすると以下のイメージで散布図グラフが表示されます。

エクセルグラフ散布図イメージ
スポンサーリンク

散布図にカテゴリーラベルを付ける方法を説明します。

ここで散布図にデータラベルを設定すると数字が表示されてしまいます。

これだとどのカテゴリーが何なのかさっぱりわかりませんね。

エクセル散布図データラベル数字表示イメージ

カテゴリーがラベル表示されるように設定する方法を説明します。

まずグラフを選択すると左上にグラフの要素を追加が表示されますのでクリックします。

エクセルグラフ要素追加散布図

軸ラベルを次に選択してください。

エクセル軸ラベル設定方法

※ここでは一旦省略しますが第1横軸も選択しておくことをおすすめします。
軸ラベルの名前を変更することでX軸とY軸が何を表しているかわかりやすくするためです。
ラベル名は選択して入力すれば簡単に変更出来ます。

データラベルは今回は吹き出しに設定します。

好きな設定で問題ありませんのでお好みで変更してください。

エクセルデータ吹出し設定方法

※今回は数字が凝縮しているので見づらいですね。
後ほど解決方法は説明しますね。

エクセルデータラベル設定

次に右上赤枠の書式をクリックすると左側にグラフエリアと表示されますので、後ろにデータラベルとついている項目を選択しましょう。

エクセル散布図セルの値設定

次に選択対象の書式設定が選択項目の下に表示されているのでクリックするとラベルオプションが右側に表示されます。

※先にグラフをダブルクリックしておくと常時表示されているのでどちらで対応しても良いかと思います。

ここでセルの値(F)のチェックボックスが最初空白になっているためチェックをつけます。

すると以下の画像のイメージでラベルの範囲を指定できるようになります。

セルの値データラベル範囲選択

今回は赤枠のカテゴリーの部分を選択します。

エクセル散布図ラベル重複画像

このままですと、すべての数字や文字が表示されてしまいますので今回は数字は縦軸と横軸で表示されていますので除外しましょう。

そのためX値とY値はチェックを外します。

エクセルグラフラベルオプションY値とX値除外

するとカテゴリー項目のみが表示されるようになります。

ここまでが散布図を作成する方法になります。

スポンサーリンク

エクセルで強化カテゴリーを散布図から発見しよう。

小売業でどのカテゴリーがリピート率が高くて客数が増加しているカテゴリーと、そうではないカテゴリーかを判断することで強化カテゴリーを見落とさないで戦略を打てることになります。

エクセル散布図ラベルの表示方法の変更

強化カテゴリーを発見するに伴い、今回のグラフのラベルが見にくかったので一部調整しました。

ラベルをクリックして上記図の配置から調整は出来ますので見づらい場合は調整することをおすすめします。

今回は縦書きにしています。

さらに境界値はX軸の値とY軸の値をダブルクリックすると右側に表示されますので最小値と最大値を調整してより見やすくする事も可能になります。

※数字が拮抗している場合は見やすくするには必須の設定ですね。

散布図修正後の完成図

このグラフですと右上のアイテムが一番強みで強化が必要だと思います。
※今回のサンプルではありませんねここを作る必要があります!

右によっているが客数が増加していないカテゴリーは買ってもらえると定着してくれているが、まだあまり認知されていない可能性があるのでここはチラシなど販促を打ち出してどんどん客数を増加させれば客数の増加が見込めそうですね。

左によっているカテゴリーはあまり買ってもらっても定着しないので販促をかけて強化は必要ないかもしれません。
※戦略的に右に持っていきたいカテゴリーがあればその限りではないですね。

まとめ

①右上のカテゴリー=どんどん増やす事と、強みであるため引き続き強化していくカテゴリー

②右中~下カテゴリー=定着率(リピート率)が非常に高いが客数が増加していない。外から呼ぶ販促を強化して客数を増加させれば定着してくれるカテゴリー

③左上カテゴリー=特殊予見で増加しているかそうでなければ買うのはどこでも良いと思っている日用品 強化して定着率を上げるかどうか考える必要があるカテゴリー。

④左中~下カテゴリー=強化等手数をかける優先順位が非常に低いカテゴリー 縮小も検討。

以上考え方は人それぞれかもしれませんが、散布図にするとわかりやすいのでぜひ小売業のマーケティング担当者などは一度活用してみてはいかがでしょうか。

もっと勉強したい方↓

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

タイトルとURLをコピーしました